トップ >  信者の方 >  プチ・フォワイエ > 

よりよい教会共同体を目指して

プチ・フォワイエ

よりよい教会共同体を目指して
四街道地域 久米 倫男

 

 この度、1月29日の信徒総会で、教会委員長の役を仰せつかりました久米倫男です。地区は四街道、1941年(昭和16年)1月生まれ(巳年)ですので65才になったばかりです。

 昨年大晦日に選挙管理委員の方からお話しがあったとき、妻の遺影に報告をいたしました。妻は「あなた、大丈夫?大変よ」と言っているように思いました。後でそのことを妻の友人であった方にメールをしましたら「博子さん(妻の名前)が天上から応援していてくださる(ので大丈夫)と思います」という励ましの言葉をいただきました。 「大丈夫?」といわれて確たる自信のないまま引き受けてしまって、皆様には申し訳ありませんが、妻の友人の励ましの言葉にも支えられて任期の2年間は頑張ってみようと考えるようになりました。

 12月の待降節黙想会の折、シスター弘田のお話の中で、教会の運営で大切なことは「説明責任、透明性、補完性、相談と話し合い」という4つのキーワードをあげられました。どのキーワードも重要ですが、私はこの中で特に「相談と話し合い」を誠意をつくして行えば、困難な問題にも道が開かれていくような気がいたします。

 教会は民主的なようで、実は民主的ではありません。というのは、全ての教会の運営に関する権限は大司教から主任司祭に任されているからです。教会運営の難しさの1つはこの点にあるような気がいたします。 これから皆さんと共に西千葉教会がよりよい共同体になりますよう、司祭に協力してやっていきたいと存じますのでどうかよろしくお願いいたします。

 なお、私に対し教会運営に関することで、ご意見・ご連絡をいただく場合は次のとおりです。

メールアドレス / Kume-rin@kd6.so-net.ne.jp