トップ >  信者の方 >  プチ・フォワイエ > 

敬老会に参加して

プチ・フォワイエ

敬老会に参加して
武藤 俊子

 

 10月22日の秋晴れのさわやかな佳き日に敬老の集いをお祝いしていただきました。

 信徒会ホールの白いテーブルの各所に一輪挿しのバラが一ト際(ひときわ)映え、お心づくしのお食事が用意され、それぞれの席に迎えてくださいました。先ず日曜学校の生徒さん達が一寸羞かしそうに歌を歌を歌ってくださり、会の幕開けとなりました。千代紙で作られた可愛らしい箱のお弁当箱のお弁当をいただきながら歓談。そのうちシスターのユーモアあふれる仕草の手品の数々で会場は大爆笑となりました。つづいては古き良き時代のなつかしい歌にいつしか年も忘れてみなさま歌っておられました。そこへ神父さまの特別出演、美声をたっぷり拝聴させていただきました。 「 見よ、兄弟が共に座っている、なんという恵み、なんという喜び 」(詩編133)今日のみなさまは心なしか輝いていらしたようにお見受けし神に感謝の一ト日(ひとひ)でした。更に今日のこの会を盛り上げてくださった陰の方々へ心からの感謝とお礼を申しあげます。

 楽しい一日をありがとうございました。